メールの安全対策と迷惑メールを安全に開く方法

メールの安全対策と迷惑メールを安全に開く方法を紹介します。

 

セキュリティソフトを使用する

これが一番重要と言ってもいいと思います。

セキュリティソフトにはメールにマルウェアなど悪意のあるものが仕込まれている場合に検知して防いでくれる機能があります。

ただし、無料のセキュリティソフトにはメール保護機能が無かったり、あってもマルウェアのダウンロードを防ぐだけの機能しかなく、有料版のようなしっかりした保護機能はありません。例えば、迷惑メールを判定して迷惑メールフォルダに振り分けたりなどです。最近のメールサービスは大体どれも迷惑メール対策機能があり、マルウェアスキャン機能があるなどセキュリティ対策機能がありますが、多くの人が迷惑メール被害に遭っている状態なので、現状はあまり防げていない状態です。「Gmail」は例外で、迷惑メールブロック性能はとても高いようで、セキュリティ専門家も性能を高く評価しています。

セキュリティソフトはメールサービスよりも多くの迷惑メールやマルウェアをブロックする能力があるので(性能による)、しっかりした対策をしたいのであれば有料のセキュリティソフトを使用する必要があります。セキュリティソフトがメールソフトウェアに対応しているか、セキュリティソフトによって機能差があるのでどの程度の保護機能があるのか、などの確認が必要です。

マルウェアに感染してメールソフトウェアに登録しているメールアドレスを盗まれることもあります。この場合は登録している家族や友達などのメールアドレスも盗まれる可能性があります。他の人のメールアドレスなどの情報を守るためにも、メール保護機能のあるセキュリティソフトを使用して、しっかりした対策をしておくことが重要です。

 

メールソフトウェアなどを更新して脆弱性対策

脆弱性があるとそこを狙われて情報が漏れるなどの可能性があります。メールソフトウェアやOS(オペレーティングシステム)を更新して、攻撃されても防げるようにしておく必要があります。

 

メールアドレスを使い分ける

最近はウェブサービスなどでメールアドレスを登録する必要があるなど、外部にメールアドレスを教えることが多くなっています。ウェブサービス側がサイバー攻撃を受けて情報が漏れる可能性があります。

プライベートで使用するメールアドレス、ウェブサービス登録用のメールアドレス、などで分けることで影響を少しでも小さく抑えることができます。プライベートのメールアドレスは特に安易に教えないようにすることが重要です。

 

フィッシングサイトには注意

フィッシングサイトに誘導されてメールアドレスを教えてしまい、迷惑メールが届くようになる被害が多くなっています。

知識があればフィッシングサイトなのかを判断できても、知識がない人は判断できません。ブラウザにはフィッシングサイトなどの危険なウェブサイトをブロックする機能がありますが、セキュリティソフトの保護機能よりも性能は低いのであまりお勧めはできません。フィッシングサイトなどの危険サイトをブロックする機能がある、性能の良いセキュリティソフトの使用をお勧めします。ただし、セキュリティソフトは対応していないブラウザがあるなど制限があるので、対応しているかの確認が必要です。

 

迷惑メールフォルダで開く (メールを安全に開く)

迷惑メールフォルダは他とは違う仕組みになっていて、マクロやスクリプトなどの動作するプログラムは実行しない(させない)仕組みになっています。メールにマルウェアが含まれていたとしてもダウンロードされたり実行されることがありません。画像も読み込まない仕組みになっているので、画像にマルウェアが仕込まれていても安全です。

ただし、メールソフトウェアによって違いがあるかもしれないので、迷惑メールフォルダの仕様を確認しておくといいでしょう。

手間にはなりますが、セキュリティ対策にはかなりの効果があります。

コメントする