スキャンと駆除ができるセキュリティソフト「Emsisoft Emergency Kit」の使い方

マルウェアの感染確認と駆除ができるセキュリティソフト「Emsisoft Emergency Kit」を紹介します。

 

 

情報

開発:Emsisoft

種類:セキュリティソフトウェア

料金:無料

広告:ある

 

説明

スキャンと駆除をするためのセキュリティソフトです。

使用しているセキュリティソフトだけでは心配、感染しているのは分かっているけど使用しているセキュリティソフトでは検出しない、感染しているかもしれない、などはあると思います。

「Emsisoft Emergency Kit」は保護機能の無いセキュリティソフトなので、保護機能があるセキュリティソフトと併用することができます。

Emsisoft独自のエンジンと、性能が良く高い評価を得ているBitdefenderのエンジンが搭載されています。

インストールする必要がなく、USBメモリなどに入れて持ち運ぶこともできます。

 

機能

・スキャンと駆除

 

ウェブサイト

Emsisoftの公式サイト

Emsisoft Emergency Kitのダウンロードページ

日本語サイト

英語のウェブサイトのほうが最新版を配布しているので、最新版をダウンロードする場合は英語のウェブサイトからダウンロードしてください。ソフトウェアは日本語に対応しているので問題ありません。

 

ダウンロード方法

「DOWNLOAD NOW」を押します。

基本的に自動でダウンロードされますがされない場合は、

「click here」を押します。

 

インストール (展開)

インストールとなっていますが展開が正確だと思います。

インストールする場所を指定します。「Browse」を押すと選択ダイアログが表示されます。

「Install」を押します。

インストール中です。

 

使い方

実行

「start emergency kit scanner.exe」を実行します。

 

アップデート

「アップデート」を押します。

アップデート中です。

 

設定

「設定」を押します。

「アップデートフィード」はどの状態のバージョンを使用するかを指定します。

「安定」安定したバージョンで、基本的にはこれを指定します。「ベータ」は最新のバージョン(不具合の修正や新機能など)が使えますが、不具合があるなど動作が安定していない可能性があります。

 

スキャン

「スキャン」を押します。

「クイックスキャン」は動作しているプログラムのみ、「マルウェアスキャン」はマルウェアが感染するような場所、「カスタムスキャン」はスキャンする場所を指定、です。全てをスキャンする場合は「カスタムスキャン」になります。

「スキャン設定」はスキャンの設定ができます。

「不要なプログラム (PUPs)の検出」はアドウェアやブラウザの設定を変えるなど、ユーザーにとって迷惑又は良くないものなどを検出するかを設定します。

パフォーマンスのプロセッサーはCPUのことで、CPUの性能をどれだけ使用するかを設定します。多く使用するほど早くスキャンは終わりますが、他の作業を快適にできなくなります。

「カスタムスキャン」を選択した場合の画面です。

「パス」はスキャンする場所を指定します。削除したり「ファイルを追加」や「フォルダを追加」でスキャンする場所を増やします。

最近はファイルレスのマルウェアが増えているので、しっかりスキャンしたい場合は「メモリ内のアクティブなマルウェアのスキャン」は有効にしておいた方がいいです。

スキャン中です。

発見されなければこのように表示されます。

発見された場合は、

危険性の高いものが発見された場合はこのメッセージが表示されます。

隔離又は削除する項目にチェックを付けます。最初からチェックはついています。

隔離する場合は「選択を隔離」、削除する場合は「選択を削除」を押します。

処理後の画面です。

 

隔離

隔離した場合は「隔離」に入っています。

復元する場合は「復元」、隔離から削除する場合は「削除」、誤検出の場合は「誤検出」を押します。

削除する場合はこのメッセージが表示されます。

削除する場合は「はい」を押します。

 

ログ

ログ情報です。

コメントする