ネットワークの安全性確認ソフトウェア「Bitdefender Home Scanner」の使い方




ネットワークの安全性を調べられるソフトウェア「Bitdefender Home Scanner」を紹介します。

Windows用のソフトウェアです。

 

説明

自宅のホームネットワーク(無線LAN(Wi-Fi)ルーターなど)には脆弱性があったり、セキュリティ的に良くない設定をしている場合があります。それらを放っておくとサイバー攻撃を受けた場合に防げない可能性が高まります。

攻撃を防ぐためには適切な対処が必要です。

「Bitdefender Home Scanner」はホームネットワークの脆弱な部分を調べることができます。

無料で使用できます。

検出できるデバイスは、ベビーモニター、Wi-Fiカメラ、ゲーム機、スマートテレビ、Windows、Mac、iOS、Android、などのようです。

今は英語だけですが、将来的に他の言語も追加される予定のようです。

 

ウェブサイト

Bitdefender Home Scanner

 

インストール

「Send anonymous reports」は匿名で使用状況などを送信して、製品の改良に役立てられます。製品に関することだけしか送信されないはずなので、チェックはつけておいてもいいと思います。

「START INSTALLATION」を押すとインストールが始まります。

インストール中です。

インストールが終了しました。

「START USING HOME SCANNER」を押します。

登録又はサインインする必要があります。

登録していない場合は必要情報を入力して「CREATE ACCOUNT」を押します。

GoogleやFacebookなどのアカウントを利用してサインインすることもできます。その場合は「Sign In」を押します。

 

使い方

タスクトレイのアイコンをダブルクリックするとウィンドウが表示されます。

右クリックからも表示できます。

 

「YES, THIS IS MY HOME NETWORK」を押します。

「CONFIRM」を押します。

スキャンが開始されます。

スキャン中です。

スキャンが終了しました。

「CLOSE」を押します。

結果です。

「SCAN NETWORK」はスキャンを開始します。

詳細を見たいデバイスを押すと情報が表示されます。

問題ない場合はこのように表示されます。

問題がある場合はこのように表示されます。

「Vulnerabilities」です。

リスク項目を押すと詳細が表示されます。

対処法が書かれています。

英語ですが翻訳サービス(Google翻訳など)を利用するといいと思います。

 

ちなみに、AvastのWi-Fiの検査では発見できなかったので性能は良いのではと思います。