ソフトウェアの更新確認ができる「SUMo」の使い方

ソフトウェアの更新確認ができる「SUMo」の使い方

ソフトウェアの更新確認ができるソフトウェア「SUMo」を紹介します。

 

 

情報

種類:ソフトウェア更新確認ソフトウェア

料金:無料/有料

Windows用ソフトウェア

 

説明

ソフトウェアは、機能追加、不具合や脆弱性の修正、などをするために更新されています。

機能追加は必要なくても、不具合はデータが破損したりパソコンの動作に影響を与えるなどがあり、脆弱性は個人情報などの漏洩など、深刻な場合もあるのでソフトウェアを最新版に更新することは重要です。

ですが、最新版があるかを確認するのは大変です。

そこで、最新版があるかを確認できるソフトウェアを使用することで、簡単に短時間で確認することができます。

「SUMo (Software Update Monitor)」は多くのソフトウェアに対応していて簡単に使うことができます。ソフトウェアに含まれている個別ファイルのバージョンを確認することもできます。

無料版と有料版があり、無料版は機能制限がありますが、更新確認だけをしたいのであれば十分です。

ここでは無料版で説明します。

 

機能

・ソフトウェアの更新確認

 

ウェブサイト

KC Softwares

 

インストール

「I accept the agreement」を選択します。

「Next」を押します。

「Next」を押します。

「Next」を押します。

「Next」を押します。

「Install」を押します。

インストール中です。

インストール完了です。

「Finish」を押します。

 

使い方

初回実行時に表示されます。

「閉じる」を押します。

 

初回実行時など一度もスキャンしていない場合に表示されます。

 

スキャン中です。

 

ソフトウェアの一覧です。

「チェック」は最新バージョンがあるかを確認します。

「スキャン」は存在しているソフトウェア(インストールされているなど)を確認します。新しくソフトウェアをインストールした場合などにスキャンする必要があります。

「ドライバを更新」は別のソフトウェアが必要なので無視していいです。

 

設定画面です。メニューの「オプション」-「設定」で表示できます。

「ベータ版を表示」は有効にしなくてもいいです。ベータ版は機能追加などで正常に動作するかを確認するためのバージョンで、不具合などがある可能性が高くなっているので、テスト目的以外では使用しない方がいいです。

「スキャン」は「標準」や「詳細」などがあり、「標準」はソフトウェアの本体だけ?を調べ、「詳細」はそれ以外のファイルも調べます。

 

「SUMo」を閉じる時にはこのメッセージが表示されます。

再び表示されないようにするには「このウィンドウを再表示しない」にチェックを付けます。

「閉じる」を押します。

コメントする