デフラグソフトウェア「Puran Defrag」の使い方

ブートタイムデフラグで通常では動かせないファイルもデフラグできるデフラグソフトウェア「Puran Defrag」を紹介します。

 

情報

種類:デフラグソフトウェア

料金:無料

対応OS:Windows

 

説明

ハードディスクはデータを書き込んだり削除したりしています。それにより断片化が発生します。ハードディスクはディスクが回転して読み込んでいるので、データがバラバラにあると読み込む位置に移動するのに時間がかかるので、読み込みに時間がかかってしまいます。時間がかかるとパソコンの動作が遅くなります。

そこで、デフラグをして整理することでそれらの問題を減らすことができます。さらにシステムファイルなどよく読み込むものを、高速に読み込める部分に移動することで動作が速くなります。

Windowsが動作していると動かせないファイルがあります。そこで、ブートタイム(オフライン)デフラグ機能が役に立ちます。ブートタイムデフラグはWindowsが動作していない状態でデフラグするので、動かせないということがありません。これによりより徹底したデフラグができます。

 

ウェブサイト

http://www.puransoftware.com/index.html

 

機能

・デフラグ

・ブートタイムデフラグ

 

対応OS

Windows XP、2003、Vista、2008、7、8、10

 

使い方

デフラグする時は項目を選択しておきます。

「Low Priority」は低処理で実行します。

「Shutdown after defrag」はデフラグが終わると自動でシャットダウンします。

「Analyze」は分析、「Defrag」はデフラグ、「Boot Time Defrag」はブートタイムデフラグ、です。

ブートタイムデフラグには複数あります。

「Disk Check」はHDD(ハードディスク)の確認をします。

「Shutdown」はデフラグが終了するとそのまま終了します。

「Restart」はデフラグが終了すると再起動します。

 

設定

「Additional Operations」タブを押します。

「Fill Gaps To Avoid Frequent Fragmentation」は隙間を埋める。

「Optimize Directories For Faster System Access」はディレクトリの最適化。

「Free Some Space For Windows Temporary Files On Faster Disk Area」は一時ファイルのために高速に読み書きできる領域を空ける。

コメントする