ランサムウェア対策セキュリティソフト「Malwarebytes Anti-Ransomware」の使い方




ランサムウェア対策専用の無料セキュリティソフト「Malwarebytes Anti-Ransomware」を紹介します。

 

説明

「Malwarebytes Anti-Ransomware」はMalwarebytesが開発しているランサムウェア対策専用のセキュリティソフトになります。

最近はランサムウェアの被害が拡大しています。大切な写真や文書などが書き換えられてしまう被害が多くなっています。そこで、今使用しているセキュリティソフトの補助として、ランサムウェア対策専用のセキュリティソフトを使用することで、被害を減らすことができます。

このソフトウェアはランサムウェア対策専用なので、基本的に他のセキュリティソフトと競合せず問題を起こす可能性は低くなっています。ただし、Malwarebytes製品を他にも使用している場合は競合するので使用できません。

性能評価の情報が無いので分かりませんが、私のテストでは検出できたのである程度の性能はあるように思います。

このセキュリティソフトはウイルス定義を使用せず、挙動を監視してランサムウェアと思われる動作をしている場合に検知します。このような仕組みにより、検知できても一部のファイルは書き換えられる可能性があります。

ランサムウェアは日々進化していて検知されないように対策されているので、確実に検知して防いでくれるとは限りません。安心せずに外部に保存するなどの対策も行う必要があります。

 

ウェブサイト

Malwarebytesからダウンロード

MajorGeeks.comからダウンロード

 

インストール

「Next」を押します。

「I accept the agreement」を選択し「Next」を押します。

「Next」を押します。

「Next」を押します。

「Next」を押します。

「Install」を押します。

「Finish」を押します。

 

使い方

「Stop Protection」を押すと保護機能が停止します。

「Quarantine」は隔離されたランサムウェアを見ることができます。

「Exclusions」は除外です。誤って検出してしまう場合に設定します。

検出時のメッセージです。

検出後に再起動を求められるので「Yes」を押して再起動します。