Windowsパソコンのドライバを更新する方法




Windowsパソコンのドライバを更新する方法を紹介します。

 

説明

ドライバはハードウェア(ディスプレイやスピーカーなど)を動作させるためのソフトウェアです。

ドライバは通常のソフトウェアと同じように、不具合や脆弱性があります。そのような部分を修正するために更新されています。動作をより安定させる(高速化など)目的でも更新されています。

Windows Updateでドライバが対応しなくなる場合があり、そのような場合にもドライバの更新が必要になってきます。

Windows Updateで更新される場合がありますが、更新されない場合も多いです。そこで、手動での更新をする必要があります。

ドライバ更新ソフトウェアがいくつもありますが、正常に動作しないバージョンがインストールされる、間違ったドライバがインストールされる、正常に更新できなかったことによる問題、などがあり安全とは言えないのでお勧めしません。

紹介する方法はドライバ更新ソフトウェアと比べて古いバージョンの場合もありますが、安全に動作する可能性が高い最新のバージョンがインストールされます。

 

更新方法

Windows 10で説明していますが基本的にどのWindowsバージョンでも同じです。

検索で「デバイスマネージャー」と検索して「デバイスマネージャー」を選択するとデバイスマネージャーが表示されます。

 

下の方法でもできます。

「スタートボタン」を押してメニューから「コントロールパネル」を押します。「Windows システムツール」フォルダに入っています。

コントロールパネルが開きます。

「ハードウェアとサウンド」を押します。

「デバイスマネージャー」を押します。

 

デバイスマネージャーが開きます。

左端の矢印で展開して展開された項目の上で、「右クリック」-「ドライバソフトウェアの更新」又は上のボタンにある「ドライバソフトウェアの更新」を押します。

通常は「ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索します」を選択します。

「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します」は自分で公式サイトなどからダウンロードして用意したドライバを使用する場合に選択します。

更新の確認が始まります。

最新版がインストールされている場合の画面です。

「閉じる」を押します。

最新版があれば自動で更新されます。

インストールが終了した画面です。

「閉じる」を押します。