写真を公開する前に気をつけないと住所が知られるかも




最近はスマートフォンで撮影した写真をSNSやブログに公開する人は多くなっています。

ですが、気をつけないと住所が知られてしまう可能性があります。

スマートフォンは位置情報を取得でき、撮影した写真に位置情報を記録しています。一眼レフなどの一般的なカメラにはGPS機能があり位置情報を記録できるものが多くなっています。

精度によっては数メートルから数十メートルの誤差はありますが(徐々に高精度になっている)、自宅で撮影すれば自宅の位置情報が記録されるので住所が知られてしまいます。

そこで、位置情報を知られないように対策をとる必要があります。

 

位置情報を記録しないように設定する

一番簡単で確実なのは位置情報を記録しないように設定することです。後から位置情報を削除してもいいのですが、忘れる場合があるのであまりお勧めはできません。

方法はそれぞれ違うので説明書などを見てください。

 

Windowsパソコンで位置情報を削除する方法

情報を削除したい画像ファイルの上で右クリックをします。

メニューが表示されるので「プロパティ」を押します。

「プロパティ」ウィンドウが表示されます。

「詳細」タブを選択すると様々な情報が表示されます。

赤で囲った枠がGPS情報です。

情報を削除する場合は「プロパティや個人情報を削除」を選択します。

「プロパティの削除」ウィンドウが表示されます。

「可能なすべてのプロパティを削除してコピーを作成」を選択すると、全ての情報が削除されます。削除したい情報だけを指定したい場合は、「このファイルから次のプロパティを削除」を選択して、青で囲った枠の項目にチェックを付けます。

「OK」を押せば情報を削除した写真の複製(コピー)が作成されます。