無料でWordやExcelなどが使える「Office Online」の使い方

無料でWordやExcelなどが使えるウェブサービス「Office Online」の使い方を紹介します。

 

 

情報

種類:オンラインサービス

料金:無料

提供:Microsoft

Microsoftアカウントが必要

 

説明

無料でOfficeを利用することができるウェブサービスになります。マイクロソフトが提供しているので、100%の互換性があると言っていいのではないかと思います。ただし、Officeアプリケーションと比べて機能制限があるので、その部分は使えないので互換性はありません。

ウェブサービスなのでOS問わず利用することができ、インターネットに接続していればどこからでも閲覧編集することができます。OneDriveに保存することになります。

Officeアプリケーションのような多くの機能を必要としないのであれば、Office Onlineでも十分使えると思います。

ファイルを編集すると自動で保存されるので、保存を忘れたり突然電源が切れるなどで、編集中の内容が消えてしまうということがありません。

 

ウェブサイト

OneDrive

Office Onlineの説明

 

使い方

サインイン

OneDriveのウェブページを開きます。

「サインイン」を押してサインインします。

サインインした時の画面です。

フォルダやファイルがあればそれらが表示されます。

 

ファイル作成

ファイルを作成するフォルダを開きます。

右クリックするとメニューが表示されます。「新規」から作成するファイルの種類を選択します。

「新規」からでも作成できます。

ファイルが作成され開きます。

 

Word Online

 

Excel Online

 

PowerPoint Online

 

ファイル名変更

矢印の部分でファイル名を変更できます。

ファイル名や内容を編集すると自動で保存されます。

 

ファイル処理

ファイルの上で右クリックするとメニューが表示されます。

チェックマークの部分を押すとチェックマークが付き、ファイルを開かない状態で選択できます。「・・・」を押すとメニューが表示されます。

 

作成されたファイル一覧

このようにファイルが作成されています。

ファイルを押せば開かれます。

 

最近使ったファイル一覧とテンプレートを指定してファイル作成

左側に最近使ったファイルが表示され、右側にテンプレート一覧が表示されます。

コメントする