メディアプレイヤー「KODI」の紹介と使い方




DVDやブルーレイにも対応しているメディアプレイヤー「KODI」を紹介します。

ここではWindows Store アプリ用で説明します。

 

 

説明

種類:メディアプレイヤー

料金:無料

開発:XBMC Foundation (オープンソース)

対応OS:Windows (Windows Store アプリ、デスクトップアプリ)、OSXとiOS、Android、Linux、Raspberry Pi

 

多くの形式に対応しているので、一般的な形式なら問題なく再生できます。DVDやBlu-rayにも対応しています。アドオンを追加することで機能を追加することができます。

広告は表示されません。

 

ウェブサイト

公式サイト

 

日本語化

「設定」を押します。

「Interface settings」を押します。

「Skin」を選択し、「Fonts」を「Arial」に変更します。これを設定していないと日本語にした時に文字化けします。

「Regional」を選択し、「Language」を変更します。

 

前のページに戻る

前のページに戻るには左上の文字の部分を押します。

 

設定

 

プレイヤー設定

 

●Blu-rayリージョンコード

Blu-rayディスクのリージョンコードが違うことで再生できない場合に変更します。

 

インターフェース設定

 

 

システム設定

●表示モード

フルスクリーンとウィンドウの表示を変更します。

 

ライブラリに追加

「ファイルセクションに入る」を押します。

「ビデオの追加」を押します。

「参照」を押します。

選択するフォルダを参照し、「OK」を押します。

他にも参照する場合は「追加」を押します。

参照が終わったら「OK」を押します。

「OK」を押します。

 

再生

登録しているライブラリを開きます。

再生するメディアを選択します。自動で再生が開始されます。