Googleなどの検索結果に反映されない場合の対処法

Googleなどの検索結果に反映されない場合の対処法を紹介します。

 

 

説明

原因は様々なので紹介した方法では解決しない可能性があります。

主にWordPress向けに説明していますが、WordPress以外でも一部は使える方法になっています。

 

「noindex」に設定されている

「noindex」はインデックスしないようにする設定です。noindexが有効になっているとインデックスしないでという意味になるので、ウェブサイト又はウェブページを登録しないようにできますが、検索結果に反映されなくなります。反映させたい場合はnoindexは無効にしておく必要があります。

noindexに設定されていないか確認してみてください。

 

サイトマップが作成されていない

サイトマップが作成されていないとボット(検索結果に反映させるためにウェブページを収集し登録するもの)が見つけられません(例外はありますが)。サイトマップにそれぞれのページを記述しておいて、サイトマップを基にボットが登録するようになっています。

サイトマップが作成されているかを確認してみてください。

WordPressの場合は、テーマにサイトマップを作成する機能が付いている場合があり、プラグインを使用することで作成することもできます。

 

ボットがサイトマップを見つけることができていない

本当にそうかは分かりませんが、ボットがサイトマップを見つけることができていないことが原因の場合があります。原因は分かりません。

その場合はGoogle Search Consoleに直接登録します。

先にSearch Consoleにウェブサイトを登録して、必要な設定を済ませておいてください。このページでは説明の範囲外なので、検索するなどして調べてください。

Google Search Consoleを開きます。

ウェブサイトのURLを押します。

左側にある「クロール」を押します。

メニューが展開されるので「サイトマップ」を押します。

右側にある「サイトマップの追加/テスト」を押します。

サイトマップのURLを入力し(ウェブサイトのURLの先頭部分はあるのでそれ以降を入力)、「追加」を押します。

これでサイトマップが登録されました。

ウェブページが登録されるまでには少し時間がかかります。場合によって違うようですが、24時間以内には検索結果に反映されると思います。

登録されているページは「サイトマップのコンテンツ」で確認することができます。

 

検索結果に反映されるのが遅い

検索結果に反映されるのが遅い場合は複数の原因があります。

ボット(検索結果に反映させるためにウェブページを収集し登録するもの)が見に来る間隔が長いことが原因の場合は、ウェブサイトの評価が悪い、ウェブサイトを公開して間もない、新規記事や記事更新が少ない、などが原因の場合があるようです。それらの原因を解決すれば早く反映されるようになるようです。

早く反映させるには、「WebSub/PubSubHubbub」を使用して記事作成や更新通知を送信する、PINGを送信する、をすることで早くボットに見に来てもらえるようにすることができます。

 

PINGを設定する方法 (WordPress)

「設定」-「投稿設定」を開きます。

「更新情報サービス」に送信先のURLを入力します。複数指定する場合は改行をして1行1つにします。

通知サービスの一覧は「ここ」に載っています。

他にも調べればありますが、中には悪質な通史サービスもあるようなので注意が必要です。

コメントする